BUELL

【BUELL X1】ブローバイガス還元式エアクリーナーへ交換しました【キャッチタンクよさようなら】

キャッチタンクを外したい欲求がふつふつと

■元々購入時からついていたRSDタイプのエアクリーナーは大気開放型だったのでブローバイガスをニップルで取り出してキャッチタンクへと繋げていたのですがバイクの見た目が変わるパーツを取り付けてるのが嫌いなので外すことにしました。

カスタムバイクは納車されたときのシルエットを保ちたい性分なので少々複雑な気分でありますが。

🔽過去のシルエットはこちら🔽
https://japstyle.blog/motorcycleblog/buell/1957/

このNEO FACTORY(ネオファクトリー)さんで扱っている4inラウンドエアクリーナーとよく似た廉価なエアクリーナーに交換です。

【AQIMY】ハーレー用 エアクリーナーの開封

■箱は乱暴に扱われた形跡もありませんね。頑丈にテープで覆われています。

■丁寧な梱包になっており、値段も安いのに素晴らしいなぁと思います。

おーい!

歪んどるやないかい!
箱綺麗やのになんでや!!
無理に入れましたね。あなた。

■まぁ想定内なので自分で修正。

修正後も上下の平行は出ていませんが締めこんでいくと丁度良い感じに潰れると思うので良しとする。

■全ての部品はこのような感じです。スペーサーの平ワッシャは全部で4枚です。

BUELL X1に取り付け

■ファンネルを外して見たらブローバイでドロドロでした。届く範囲でお掃除です。

プラグホールからピストン覗いてあまりに汚いようならその時にまた考える様にします。

■取り付けするのに困ってしまう吸気温度センサーですが今回はフィルター内に付けずに外に出しておくことにします。

■吸気温度センサーは非常に繊細な造りをしてるのでそのままぶら下げると折れないか心配になります。

なので内径15mmのコルゲートチューブで保護、絶縁テープを巻いて取り付けすることにしました。

created by Rinker
エーモン(amon)
¥445 (2021/07/31 15:53:59時点 Amazon調べ-詳細)

■設置はエアクリーナーに結束バンドで留めてあります。エアクリーナに出来るだけ近く、目立たない場所で尚且つエンジンの熱の影響を受けない位置なら問題無いのではないかと考えたらここかなと。

XBならエンジンの真上にセンサーがありますし停車時など熱の影響も受けてるでしょうから『まぁ問題無いのでは?』と都合よく考えることに。

■装着前に取り付け用のシャフトを蓋の方にネジロックを塗布して締め付けました。本体側にもほんの少し塗布して装着です。

エアークリーナーを締め付ける時に摩擦で回らないのでシリコンスプレーを塗布しました。

■エアフィルターがちょっと変形する位にテンションをかけてフィンを横向けで固定しました。この向きが正解ですよね?真横から見ると吸気温度センサーも目立たないと思います。

取り付けの感想

  • フィルターがベースのザグリより小さいので回していると位置がコロコロ変わってしまいます。隙間を均等にして固定しました。
  • ブリーザーボルトに使うディスタンスカラー(スペーサー)の調整用シムだけでは隙間がありますので必ずブリーザーワッシャー1/2″を入れた方が良い感じです。
Neofactory ブリーザーナイロンワッシャー
created by Rinker
アクティブ(ACTIVE)

装着後の感想

■スクーデリアオクムラからサスも戻ってきてたので装着し、メーターとフライスクリーンの間にカットしたクッション材で防振しました。ほんと揺れすぎでキズついてますからね。

■10キロ程走ってきましたがOHされたサスは感触も良く不快な振動も消えています。納車した時の乗り心地に戻りフロントがクイックでヒラヒラです。

寒かった日のマフラーからパンパンとなる音も消えたので調子は良さそうです。エアクリーナーも掃除して使うより中華を交換の方が安くつきそうなので暫く走って不具合無ければこのままでいく予定。

直径:10cm / 4 インチ、高さ:5cm / 2 インチのものが汎用出来るようですので参考までに。

吸気温度センサーの不具合が出たらまたブログにでもします。ではまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です