BUELL

【BUELL X1】クァンタムがオーバーホールから戻ってきました【スクーデリアオクムラ】

【QUANTUM 】 クァンタムOH完了です!

■早いもので2020/11/04に名古屋に行ってから3週間が経ちました。それから全くバイクに乗ってません!というのもRZのリフレッシュ計画にスケジュールに押されてしまい乗る暇が全く無いのです。

ですが嬉しい事にBUELL X1のクァンタムのオーバーホールが終わり戻ってきたので開封していきたいと思います。

開封と内容物

■到着前日の朝にオーナーの奥村さんから電話があり作業完了報告と、代引き手数料込みの支払い金額の連絡がありました。ロッドの錆などトラブルは無く最初の見積りの通りの金額でした。

良かった、、、では早速開封をします🔥🔥🔥

■まず箱がカッコいい。この情報がいるかいらないかは別として😁 箱の綺麗さって大事でしょ。キーエンスの箱とか見た事あります?
    ====綺麗な箱は信頼の証だと思う====

モーターサイクル サスペンション メンテナンス・チューニング専門店 スクーデリアオクムラ

箱の中身

請求書の宛名は加工で消しています

■中身はこのように(緩衝材は写して無い)サス・交換前のパーツ・分解写真・セッティングベースデータ・請求書となっています。

分解写真

■知識が無いので全くわかりませんが緑色のパーツは粉砕しているので経年劣化が進んでいた、一度もOHされていないサスの様に感じました。

交換品

■交換されたパーツですが、、、、持ち込んだ時点でバンプラバーはシワシワのぶよぶよで割けていました。緑のリングですが粉砕するという事はもしかしてと思い軽く曲げてみると

パキッ!

と音がして割れると思ったのですが実際は

ムニッ!

と割れるような感じでした。弾性が全く失われ劣化していることが分かりました。

良くオークションサイトで見ていると呪文のように

『オーバーホール前提でお願いします』

と書かれていますが、昨日まで大丈夫でも明日は漏れ漏れになるかもしれないという事が十二分ありえるという事が理解できました。

中古の購入には購入代金+OH代金を含めておかないといけませんね。履歴がはっきりしていて走行距離が少ない、製造年月日が新しいと別だと思いますが。。

セッティングベースデータ

■今回のセッティングが書いてあるのでこの数値から上げ下げすればよいのかと思います。僕の体重が反映されているのかは聞きそびれました。

基本の数値を失念すると繰り返し触っているうちに訳が分からなくなってくるので書面で残っているのはありがたいです。セッティングを備考に加筆して保存も出来ますし。

窒素ガス圧は抜けて低かったのでしょう。恐らく乗り味も相当変わっていると思います。

オーバーホール済みクァンタム

溝付きナットまでネジ溝14山

■バンプラバーはオリジナルでは無い?と思うので雰囲気が少し変わりましたが綺麗に元通りになりました。初代X1とXB12Rもショップ経由でお世話になっていますのでこの【OKUMURA】ステッカーでやっと本来の姿に戻った気分です。

■あんまり興味がなかったので知らなかったのですがクァンタムってMADE IN ENGLANDなんですね。知らんかった。

まとめ

  • 見た目は綺麗でも内部には劣化するパーツがある
  • プルショック型でもモノサス設定の値段と変らない
  • バンプラバーなど本来再利用するパーツの交換は別料金

オーバーホールで再利用するようなパーツでも日光にさらされるような外部パーツは交換しておく方が精神的にも安心ですね。それではまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です