BUELL

【BUELL】タンクキャップのOリング交換をする【メンテナンス】

すぐにひび割れるタンクキャップOリング

これはひび割れましな方です。

この作業や検証はあくまで素人が自己責任で行っております。作業の真似をしそれが原因で発生した損失や損害について、当方では一切責任を負いかねます予めご了承下さい。

■BUELL X1のタンクキャップのOリングですが納車した時に交換し、2年以上が過ぎてひび割れてきたので交換することにします。

この部品に関しては色々なブログに書かれてきたみたいで間違ったサイズを流用したことでタンクから水が入った事例なども報告されています。〈BOONさんのブログ

★前回のGYRO BUELL MTGで雨の中を走りましたが水の侵入が無かったので僕が装着しているOリングのサイズを書き出しておきます。

★純正のサイズ(だと思う)を見つけたのでそちらの方もご覧ください。

純正品番

■純正品番は62159-94Y(Google検索)です。海外からなら買えるみたいですがヤフオク!の代理輸入出品者で4,232円(税込 4,655 円)となっており、流石に買う気にはなりません。。。

使用中のOリングのサイズ

前回検証で載せていた在庫分は径が細い物だったらしく参考にすると問題がありますので削除いたしました。購入時から混じっていたようです。。。。


■10年程昔に3本セットでヤフオク!に出品されていた商品で初代のX1にも装着していたOリングになります。純正では無いと思う。。。

取り外したOリングのサイズは以下の通りでした。

  • 線径 3.5mm
  • 内径 約58mm
  • 外径 約63mm

他のOリングサイズを調べてみた その1

オークフリーで過去に出品されているOリングの詳細を見てみるとこんな感じです。サイズが酷似しているので昔に買ったものと同じ商品なのかもしれません。

ビューエル・X1ライトニングのガソリンタンクキャップのOリングです。同じ形状のキャップであれば他の車種も使用可能です。
(線径:約3.5mm×内径:約57mm)
(Oリングが入るキャップ溝の直径は約65mmです)

出典 ビューエル X1 M2 S3 タンクキャップのOリング(ビューエル用)|売買されたオークション情報、yahooの商品情報をアーカイブ公開 – オークファン(aucfan.com)

他のOリングサイズを調べてみた その2

出典 【新品】ビューエル Oリング (P0156.2A) の落札情報詳細| ヤフオク落札価格情報 オークフリー

BUELLのガソリンキャップのOリング#P0156.2Agoogle検索〉となっており使用できるモデルが1997年以降のEVOとBLASTとなっています。表を翻訳すると

マテリアル(そざい)ニトリル
AS568A(耐鉱物)航空宇宙規格(SAE規格)のIDナンバー229番
内径(デシマルインチ・10進法2.3750″
シックネス(厚さ・線径)1/8″
外径(デシマルインチ・10進法)2.6250″
インチの10進法って計算どうやるの?2.54乗算だよね??

表のインチ→mm変換をしてみると

  • 素材は耐ガソリン耐油ならニトリルかフッ素ですね。
  • 企画はAS568A-229で品番は#P0156.2A
  • 内径はmm変換で 6.0325cm(約60mm)
  • 線径はmm変換で 3.175mm
  • 外径はmm変換で 6.6675cm(約67mm)

因みに表記されている航空宇宙規格AS568A-229を調べると!

  • 内径 59.92mm(約60mm)
  • 線径 3.53mm(どゆこと??)
  • 外径 66.98mm(約67mm)

となっており線径が違っていますし微妙にサイズが違う理由がわかりません。僕はインチサイズがとても苦手なので思考停止です。10進法のインチの計算も間違ってないのか少々不安です。。。

■そして最後の部分を翻訳すると

これはハーレーでもビューエルのOEMでもありません。純正部品と同等の交換部品で#P0156.2Aになります。とのこと。。

TWIN Motorcyclesで取り扱いがある

出典 TWIN Motorcycles – Buell parts

■同じ#P0156.2ATWIN Motorcyclesさんで取り扱いがあるので線径は1/8″で3.175mmになるのかな?なんとなく3.5mmに見えるのですけど。

AS568A-229装着してみました

モノタロウで買うならこちら 2020/10/06現在欠品中

#P0156.2Aと同等品のAS568-229-Nを購入し装着てみましたところこのような感じです。

線径3.1mmでは隙間が空くと思いますので線径1/8″(3.1mm)は使えないでしょう。ブログにあったネットの間違った情報とはこの部分ではないでしょうか?

隙間なし
前に装着していたものは内径が狭い

■上からのリークがあるのか検証しようとパーツクリーナーをかけてみたのですが良くわかりません。。。蓋を開けると溝に溜まっていたパーツクリーナーがすぐに広がってしまうので。。。

フューエルキャップの調整が出来る

■このキャップは閉じた状態の密着を調整できるナットが裏側にあります。

■このナットを緩めるとロックが柔らかくなり締めると強くなります。きつく締め過ぎるとキャップのノブが起こせなくなりますので注意を。

■この赤い部分で挟み込む事でキャップを密閉するのですが少しガビガビになっています。前のオーナーがロックをきつめの調整し、こするように回していた形跡ですね。

■調整シロがありますが通常隙間があるはずです。個人的には密閉度が低いと感じたら調整する位で良いと考えてます。

まとめ

  • 恐らくですが1/8”(3.1mm)のOリングを装着した人がタンクに水が入ったのではないのかなと推測しています。
  • Oリングに変えてもリークするならフューエルキャップの調整が必要かも。
  • ロックをするとキャップを上に載せただけの時よりに下に沈めばOリングは接触し潰れていると判断しています。

■50個購入したのでBUELLERさんに会った時にでも配ろうと思うのですが流石に余りそうなのでBASEに出品しております。3本セット送料込みで200円にしました。ネット通販するより安いと思いますので宜しければご利用ください。

ではまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です