BUELL

【BUELL】Photoshopを使ったコラージュ画像の作製方法とSHORT TAILの話

パーツ購入前の悩みを解決?

■新しくパーツを購入したいと考えて悩む事もしばしば。思い切って購入し装着してみたら頭の中のイメージと少し違ったという事はよくあるかもしれません。あれこれ悩んで答えがでないならバーチャルでやってみるしかないのでは?欲しいパーツをコラージュしてみるのはどうでしょうか?

フォトショップの基本的な操作説明と無料の代替ソフトも紹介しておきます。

僕が使っているのはCSですが基本的な操作は今も変わらないと思います。

フォトショップでコラを作る

■まずは元になる画像が必要ですので母体となるバイクと取り付けたいパーツの付いたバイクの画像を用意します。

■下準備として明るさ・コントラスト・シャドウ・彩度を調整します。部分的に明るくしたい場合は覆い焼きツールを使います

■不必要なパーツをマグネット選択ツールで選択します。オートでアウトラインにスナップ(引っ付く)しますが、望んでない箇所にスナップしてしまう場合はBACKSPACEで戻れます。クリックでポイントを指定することも出来ます。選択範囲が指定できたら右クリックメニューから選択範囲をカットします。

■右下に表示されたレイヤー1がカットしたショートテール部分。レイヤーが増えたことが分かります。

■元となる画像が左右反転しているのでカンバスの左右反転を行います。

■左右反転が終わったら母体画像の編集画面に背景レイヤーをドラッグ&ドロップします。するとレイヤー2で先程の画面が表示されました。レイヤーの不透明度を下げバイクのスケール感を合わせます。

■全く同じサイズにすることは出来ないので

  • 基準となるピポットからフロントアクスルまでの距離を合わす
  • アクスルからトップブリッジまでを合わす
  • フレームの重なりやタイヤのサイズ感を合わす

傾きと全体の大きさ調整をして準備完了です

■先程と同じようにテール部分を選択しカットします。はみ出た部分は消しゴムで消すので大きく切り抜く分には問題ありません。

ラフなカット

■余計な部分をカットし終わりました。画像の淵がガサガサしている時は

レイヤー → マッティング → フリンジ削除 

しておくのも有効です。もしくはぼかしツールなどで縁をなぞるなどの方法があります。

テールのみ変更

■テールは色調を変え、映り込みを表現するのにタンクの反射をスタンプツールで薄く転写してます。他にもっと良い方法があると思うのですが、、、勉強不足です。。

テールとRマスク その1
テールとRマスク その2

Photoshopの代用ソフトとして

■Photoshopはソフトの料金体制が、買い切りの一括購入ではなく月・年単位の支払い方法に変わり個人的には不便と感じる様になりました。代替ソフトが色々ありますのでそちらを使うのも良いかもしれません。

お勧めは『ブラウザ画像編集ソフト – Pixlr』です。

2種類のオンラインソフトが用意されており、簡単なフォトレタッチ用のPIXLR Xと本格的なPIXLR Eがあります。

使用した感じやGUIがPhotoshopに似ているので過去に使ってた事がある人にとってはかなり直感的です。

 

使用したカスタムパーツの写真

出典 SPEED of COLOR OC Heckteil Kit Buell X1

 

出典 SPEED of COLOR FK-Heck für X1

SPEED of COLORの日本代理店は🔽こちらになります。

X1 SHORT TAILの情報

ノーマルタイプシート
コンフォートシート付きバージョンもあり

■コンフォートとは快適の意味なのですがシート表皮の変更だけでなくアンコに何か対策されているかは確認できていません。BUELL OWNERS EUROPEのRoy Aelmansさんが販売に携わっているので購入する場合は聞いてみると良いかもしれません。もしくはFacebookページから質問などしてみてください。

GYROさんでも輸入販売されていますので(在庫は要問合せ)相談してみてはいかがでしょうか?

🔽こちらにシート下の写真がありますので自分でショートテールに交換するときは参考にしてください。ではまた!

【BUELL X1】 スターターリレー交換【セルが不調の話】BUELL X1のセルの回り方がおかしい。。。バッテリーはビンビンなのに何かがおかしい。ハーレーやビューエルに乗っているとそんなことがありますが次に疑うのはリレーではないでしょうか?挿し替えるだけの簡単修理なので参考どうぞ。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です