バイクの動画

1938 Indian 昭和13年製造だと?空冷並列縦置四気筒

空冷四気筒。縦置きって凄くない?

このインディアンなんと1938年製ですって。

  • フロントは板スプリング
  • サドルシートのスプリングはサイドに設置
  • プラグコードは筒を通り
  • リアブレーキロッドはめっちゃ長いw
  • 左側で回っているのはオルタネーター
  • その上にイグニッションコイル
  • シフトロッドがどえらい遠回り

一番後ろのシリンダーが冷えるのか、、、謎だ。

Glenn Bator  1938 Indian 4 Running

外観はこのような感じあまり古めかしさは感じさせないコンディション

Glenn Bator  1938 Indian 4 Running

フロントはリーフスプリングです。

Glenn Bator  1938 Indian 4 Running

むき出しで回転しているオルタネーターが斬新。

Glenn Bator  1938 Indian 4 Running

イグニッションコイルから昔のこたつのケーブルみたいなのが四本出ています。

一番気になったのは

ステアリングダンパー!

Glenn Bator  1938 Indian 4 Running

これって今風でないかい?
デザイン的にはスコットやGPRかな?
仕組みはステムを押さえつけるだけのシンプルなものだと思うのですけども。

まさかこのバイクからヒントを得たとかじゃないですよね?w
排気量は77キュービックインチ???(立方インチ

リッター換算で1.262ccですね。
マフラーの出口が細いので小排気量かと思いました。

この時代のハーレーはナックルヘッドですね。

もっと写真が見たい人はこちらへどうぞ!

1938 Indian Four Cylinder | S141 | Las Vegas 2019

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です